小規模コールセンターシステムならCTIシステムの導入がオススメ

個人事業主や小さな会社にとって頭を痛ませる投資があります。

それが「小規模なコールセンターシステム」です。

お客さんからの問い合わせや電話での受注は大切な機能です。

しかし。

規模が小さい場合は投資が過大になりがちです。

経営面から見ても、規模に合わせたコールセンターシステムの構築は重要な経営判断と言えます。

あなたが経営するまたは働く会社の規模に合ったコールセンターシステムを導入する必要があります。

そこでオススメなシステムがCTIシステムです。

今回は小規模コールセンターシステムにオススメなCTIシステムについてご紹介します。

CTIシステムとは?

CTIとは・・・

  • Computer
  • Telephony
  • Integration
  • System

の頭文字を取っています。

コールセンターシステムにとって重要な電話とFAXをパソコンを含めたデータベースと連携させることを言います。

主な利用場面としては

  • 飲食店や美容室の予約管理
  • 電話対応がメインな受注管理
  • 顧客からのクレーム対応

などが想定されています。

データベースに顧客情報や過去の取引内容を登録しておきます。

電話を受電すると、発信者情報が表示される仕組みです。

コールセンターシステムで欠かせない、顧客情報の管理が簡単にできるシステムと言えます。

クラウド型のCTIシステムがオススメ

小規模なコールセンターシステムを構築する場合はクラウド型がオススメです。

従来のCTIシステムは大規模な投資が欠かせませんでした。

これは顧客管理に必要な設備を投資する必要があったからです。

しかし。

現在はクラウドシステム上にデータベースを管理することができます。

つまり、初期投資を究極に圧縮することが可能になりました。

システムは従来のCTIシステムと同様に顧客管理が可能になります。

着信時には発信者の情報が表示されるため、円滑な電話対応が可能になります。

シンカCTIのクラウド型CTIがオススメ

クラウド型CTIシステムは数多くのシステムが販売されています。

その中でもオススメしているシステムがシンカCTIです。

300社以上の小規模コールセンターを支援しています。

コールセンターシステムを縮小する企業が増えている中で数多くの実績をあげています。

CTIシステムは販売している会社によっては高価格なシステムもあります。

毎月のランニングコストが10万円を超えるシステムも販売されています。

小規模なコールセンターで規模に合わないシステムを導入すると大きな負担になってしまいます。

シンカCTIであれば月額の費用が19800円と低価格です。

しかし。

安かろう悪かろうではありません。

初期費用を他の低価格システムより多く設定しているため、導入時に不足している機能はありません。

初期投資が少なく、機能不足に陥るケースが後を絶ちません。

後から機能を追加すると追加費用が発生します。

必要な機能をきっちりと導入し、かつ安いランニングコストが最適です。

シンカCTIなら最適な小規模コールセンターが構築できます。

まとめ

今回は小規模なコールセンターシステムについてご紹介しました。

コールセンターシステムは必要な投資です。

しかし。

最適な投資判断が必要になります。

もしコールセンター構築でお悩みの場合はご紹介したシンカCTIシステムがオススメです。

公式サイトで御社のシステムに最適かどうか検討してみてはいかがでしょうか。

>>>シンカCTIの公式サイトへ