シンカCTIが提供するおもてなし電話がすごい5つの理由

クラウドシステムの登場によって大きなブレイクスルーを果たしたCTIシステム。

複数の企業がクラウド型CTIシステムの提供をスタートしています。

その中でも初期費用が安く、月々のランニングコストもリーズナブルなサービスを厳選しました。

価格が安いからといってサービス内容や質が劣ることは決してありません。

私が責任を持って選択したクラウド型CTIシステムがシンカCTIが提供する「おもてなし電話」です。

今回はおもてなし電話をオススメする5つの理由をご紹介致します。

PAK82_yaritenoonnakacyou20140125_TP_V

私がおもてなし電話をオススメする5つの理由

なぜ私がおもてなし電話をオススメするのか?

当然ですが理由があります。

数ある特長の中から5つに厳選したおもてなし電話をオススメする理由をまとめます。

理由1:着信時に同時に複数の端末表示ができる!

CTIシステムを利用することで着信時にパソコンやタブレット、スマホの画面に発信者の顧客情報が表示されるようになります。

顧客情報が確認できることで以前の来店日や注文内容を確認することができます。

これはCTIシステム自体の特長です。

おもてなし電話を利用することで着信時に情報を表示させる端末を増やすことが可能になります。

飲食店や美容院の経営者目線で考えると、受付のパソコンとオーナーが着席するバックオフィスに同時に着信情報を表示することが出来るのです。

着信情報を共有することで顧客管理をより一層強化することができます。

理由2:外出先でも着信履歴を確認出来る!

クラウドシステムを利用しているためインターネット環境があればどこでも活用することができます。

例えば外出先や出張先であっても着信履歴の確認を行うことができます。

取引先から着信があった日付や時間帯の確認も行えますし、履歴を整理しておくことで以前の商談内容を出先で確認することが可能になります。

おもてなし電話を活用すれば営業先で以前の電話内容を確認してから訪問することもできますね!

理由3:本店と支店で情報共有ができる!

飲食店で複数店舗展開をしていると気になるのが支店の顧客情報管理です。

店長に全て任せていると言っても「リピーター客を囲えているのか?」と心配になるものです。

売り上げに直結する常連客の管理は店舗運営において重要なポイントです。

おもてなし電話を使えば支店の着信履歴や顧客情報の更新についても管理が可能になります。

本店の常連客が支店を訪れる場合でも着信時に履歴を共有することができるので粗相を無くすことができます。

支店でのマズイ対応が原因でリピーター客を失うことは少なくありません。

理由4:過去に使っていた顧客管理を引き継げる!

これまでもエクセルなどで顧客管理を行っていたかもしれません。

そういった過去の管理情報をおもてなし電話でも引き継ぐことができます!

電話を受信した時に表示させたい情報も日々変更することができるのでPDCAサイクルを回しながら取り組むことができます。

改善を続けて、最も良い方法でリピーター客の囲い込みができるのです。

理由5:迷惑電話の管理が容易に!

迷惑電話の登録が可能になります。

おもてなし電話を活用すればインターネット上で公開されている迷惑電話情報を自動でチェックしてくれます。

該当する電話番号からの着信があった場合は警告メッセージが表示されます。

更に、不必要な営業電話は登録しておくことで次回から無駄な電話対応の時間を回避することが可能になります。

N912_denwagoshidemajigire_TP_V

おもてなし電話を使わない手はない!

いかがでしたでしょうか?

おもてなし電話が持つたくさんの特長の中から5つに厳選してご紹介致しました。

簡単におさらいしてみたいと思います。

  1. 着信時に同時に複数の端末表示ができる!
  2. 外出先でも着信履歴を確認できる!
  3. 本店と支店で情報拠有ができる!
  4. 過去に使っていた顧客情報を引き継げる!
  5. 迷惑電話の管理が容易に!

簡単にまとめただけでも使ってみたいと思えるシステムであると言えます。

これだけのメリットがある中で月々のランニングコストはたったの9800円です。

あなたのお店でも上手に活用できるか、まずは簡単にダウンロード可能な詳細説明PDFをご覧ください。

⇨ おもてなし電話の資料ダウンロードはこちら